NYC COLUMN#2 / CHURCH

NY在住カメラマン・豊さんによるNYコラム第二弾。

様々な民族が集まるNYに存在する多種多様な宗教。それは彼らの生活そのものーーーーーーーーー

彼らにとって切っても切り離せないNYの宗教のあり方を「教会」という場所通じて、

豊さんがお届け致します。

 

NYには多様な人種が存在していて、日本ではあまり感じることのない宗教観を知ることが出来ます。

彼らには様々な規則あり、それに従いながら生活をしている。

特に私にとって牛肉を食べれない、ビールが飲めないなどといったルールは考えられませんが、

周りにはそういった宗教観を持つ人も多くいます。

 

浅はかな私は「ルール破ったことあるでしょ?」と疑問に思ったことをぶつけてみるのですが、

笑いながらノーと返されました。そのストイックさは見習うべきところは多く、、

でも彼らからすると、文化的な考え方で当たり前な事なのかもしれません。

 

_TYY5602

 

また、祈るという行為も様々で、日本で見かける祈ることとはまた違った印象。

私にとってそういった人たちが集まる教会も興味深い場所です。

 

なかでも、セント・パトリック大聖堂は歴史的な建造物の1つ。

ネオ・ゴシック様式のこの佇まいは、入った瞬間NYにいる事を忘れてしまうくらい神秘的です。

また、先日足を運んだ際はたまたま合唱団の公演に立ち会うことが出来ました。

少年たちの澄んだ歌声が響き渡る幻想的すぎる教会。

完全に周りが見えなくなっていて、ふと我に返り、私がいてもよい場所なのかと辺りを見回したことも事実です。

 

老若男女様々な人がそこには訪れ、街中とは違った穏やかな時が流れを感じます。

タイミングが合うならば、歌声とともに感じてみてください。

 

_TYY5628縺ョ繧ウ繝偵z繝シ

 

最近はヘイトクライムなどそれぞれの生き方を攻撃するようなニュースをよく耳にします。

特に沢山の宗教と移民が混雑しているこの国で、

大勢の人間と連携して平和の道を歩くということは、容易いことではないけれども、

異なるライフスタイルを理解し価値共有していくことが、この場所で生きて行くには不可欠なのかもしれません。

 

_TYY8740

(photo by TOYO)