BEST SEASON FOR SPORTS

BEST SEASON FOR SPORTS

 

今回は、体育の日の祝日を前に、スポーツにフューチャーし、

ワークアウトやスポーツイベントなどについてご紹介致します。

 

健康志向のニューヨークにとって、ワークアウトは切っても切り離せないライフスタイルです。

エアリアルヨガなど、日本にも浸透しているものも多く、ニューヨーク発祥のワークアウトがほとんどです。

IMG_5095

日本でも人気のサーフフィット。この日はルーフトップで。

体幹を鍛えるのに持ってこいのサーフフィットネスは、

サーフボードとバランスボールが組み合わさったボードで、主に体幹を鍛えることが出来ます。

普段のスタジオでのレッスンでは、波の映像をスクリーンに映し出しているそうです。

IMG_5099

他にも、フラフープ、マシンを使ったコアトレーニング。

IMG_5096IMG_5097

ポールダンスは、しなやかにみえて、自分の全体重を負荷として使うので、筋トレも必要。

仕事前やお昼休みに、時間を費やし、セルフコントロールしている方が多いようです。

 

アメリカ最大、秋のマラソン大会・ニューヨークシティマラソン。

IMG_5278

日本の旅行代理店がツアーを組むほど、海外からの参加者も多く、

元々人種の坩堝であるのニューヨーク特有のシティマラソン。

米国居住者は255ドル、海外からは358ドル、18歳以上が参加可能、

約50,000人のプロ・アマのランナー達が世界中から集まってきます。日本人枠は500人。

 

マンハッタン、ブルックリン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランド、

ニューヨーク5区を走り、ハンハッタン・セントラルパークのゴールを目指すこの大会。

時間制限はなく、タイムによって賞金以外のボーナスもあるとか。

IMG_5277

走るエリアによってがらりと雰囲気が変わるところがニューヨークらしく、

応援も途切れることなく、沿道を埋め尽くしている人数は毎年約200万人だとか。

ランナーの抽選に漏れてしまっても、街中で盛り上がっているこの雰囲気を味わうのもとても楽しそうです。

 

また、手頃で楽しめるこのシーズンの風物詩・アイススケートも、この時期からスタートします。

一番早いところは、ロックフェラーセンターのリンクが10/7からスタートします。

IMG_5280

ホリデーシーズンになると、クリスマスツリーやイルミネーションでとても煌びやかに。

その後10月下旬オープンのブライアントパーク、セントラルパークと続き、

本格的に秋の気配を感じられるイベントがスタートします。

IMG_5281