MAN/ YUKARI OKUYA

ディレクタ-林真理子と長年親交があり、昨年渡米し、

現在NYブルックリンにて活躍している奥谷由佳里さん。

NYで暮らす彼女の日常を探ってみる。

 

林との出会いは、奥谷さんが地元・北海道から上京してすぐのこと。

「私が上京してすぐ、学生の時にNYに住んでいた時の友人を介して出会った。もう12年くらい前だった。

私が付けていた、友人が作ったネックレスを褒めてくれたのを覚えていて、その時の感じも今と全く変わらない。

彼女は綺麗な人。一度会ったら忘れられない人。興味が沸く人。」

1459242167318

日本では、ESTNATIONのバイヤーとして活躍していたのが有名ですが、意外な経歴も。

「実は、地元札幌で美容師をやっていました。その後美容師として上京し、数年の美容業界を経て、友人の誘いでファッションの道へ。

ESTNATIONというスペシャリティストアでバイヤーアシスタントを経てからバイヤー、その後チーフバイヤーとして勤務していました。

この頃は、元々プライベートで愛用していた、まりこちゃんのブランドも、買い付けをさせてもらっていました。」

brooklyn

現在は、日本でのキャリアを生かし、バイイングオフィスで働く奥谷さん。

「当初NYへ来たきっかけは違うお仕事でした。

NYのブランドにてデザインとMDのお手伝いをする目的で渡米。

その後現職に声を掛けていただき、転職しました。日本での仕事が活きていて、とても楽しい。

今は新しいNYブランドの発掘や日本のストアへの紹介、ブランドと日本のお店間での交渉ごとのお手伝い、

マーケット期間中のバイヤーさんのアテンド等が主なお仕事です。」

 

学生時代にもNYに留学経験があった彼女にとって、NYは本当に特別な場所。

「元々大好きなNYで生活ができていることに感謝です。毎日目に入ってくる景色が好き。

ただ歩いているだけで視覚が満たされる街です。」

そして、彼女の好きな映画は、NYが舞台の『アニー・ホール』!!

backyard

休日は、ブルックインの街を散歩し、気が向くとミュージアム、ギャラリーに訪れているらしい。

「もっと暖かくなってきたら、屋上やバックヤードでのBBQが楽しい街。

基本的に休みの日はBrooklynから出ません(笑)。」

subway

NYが昔から大好きだった奥谷さんですが、渡米にあたって大変だった面もあり、

「とにかくVisaの取得は、想像以上に大変でした。もうやりたくないなぁ(笑)

ただ、それに向けて動いていた時期は、本当に沢山の人に助けてもらいました。

その人達に恩返しはいつまでたっても出来ていないけれど、

今後Visaの取得に向けて頑張っている人がいたら出来る限りのサポートをしてあげたい、と心から思います。」

mexican

海外で生活をする上で、食材や生活必需品を調達するのに欠かせないスーパーマーケット。

日本に比べて異なる点を伺いました。

「綺麗に陳列されていない。賞味期限切れのものが平気で置いてある。

野菜や魚が日本の様に小分けにパックされていることはほぼ無い。

といったように細かい気配りは日本にはかなわない。」

と、生活をする上で、日本の良さに改めて気が付く面も多いそう。

 

「スーパーフード、オーガニック食品の種類、フルーツが豊富で、安いのは日本よりも良い所。

昔からアメリカ製の洗剤や石鹸などが好きだったので、それらの品揃えが良いスーパーは気分が上がります。

ずーっと居座ってしまう。あと、花や緑がたくさん売っていて、日本より安くて嬉しい。」

1458567256416

この日は、JET NEW YORKのコートを素敵に着こなしてくれていた。

そして、コーディネートをする上で、重要にしている事は、

「まず天気を調べます(笑)靴を選ぶ為に。

それからその日は仕事だけか、その後遊びに行くかも決め手になります。」

1459242165381

「こだわりのルールはそれほど無いけれど、全身同じブランドとか全身vintageとかはやらないです。

日本にいた時よりも、トレンドやシーズンを意識しなくなりました。

着たい物を着たい様に着る。NYはまだまだ寒いので早く薄着したいです!」