THE MEATBALL SHOP

THE MEATBALL SHOP

 

アメリカ人にとって、キッズからお年寄りまで馴染みのあるミートボール。

ニューヨークでは人気のその専門店であるレストラン・The Meatball Shopは、

『The Meatball Shop Cookbook』のレシピ本も出版され、メディアにも数多く紹介されています。

B7C593DA-74B3-450B-8FF4-FD7FDE9E6FDA E77FBDF9-7494-4CF9-BE62-D47FE376FB22

メニューは、ミートボールをベースに、ソースやトッピング、HERO(サンドウィッチ)にするか、

パスタを添えるかなど、様々なオプションから選ぶことが出来ます。その組み合わせは約30種以上。

お肉は、ビーフやポークなど5種類の中より選ぶことが出来、ソースも、トマトやクリームなど6種類の中から選べます。

ソースは甘めのトマトが人気で、ホールフーズでも販売しているそうです。

413DBABF-CBDB-49E2-918E-0D4B55CA4284

オーダーの仕方も独特で、テーブルにあるマジックで、オーダー表に書き込むシステム。

これは、ラフに提供できればとの考えはもちろん、紙を使用しないので、廃材を利用した内装など、

環境にも優しく、という思いからもでもあるそうです。

A535FEA2-9C9F-43E0-A5BC-20A25094E96E 8FCA15E7-B3FD-46B7-A609-422E311FE5D9

価格も、ニューヨークの値段としては大変リーズナブルです。

10代の頃からの友人であるマネージャー、マイケル・チャーナウとシェフのダニエル・ホルツマン、

この二人が始めたこのミートボールは、ローアーイーストサイド周辺にバーが多く、

お酒を呑む前、空腹を満たす人々の為、当初は、いくつかのメニューの中の一つだったようで、

予定の物件でのオープンが難しくなったことで、専門店に切り替え大ヒットしました。

今では、チェルシー、ヘルズキッチンなどマンハッタンとブルックリンに7店舗を構えるほどに成長しました。

30A53069-02E7-4C73-ABFC-C5A8BFECEA0275B253E7-BCED-4127-B208-4D4E6F3BB8CE

店舗によって、外装やインテリアなどのコンセプトが違うので、そのエリアによって楽しめます。

ディナーはもちろん、気軽にブランチやランチに取り入れるのもおすすめです。