CULTURE/ Matcha bar

「抹茶」

祖母が茶道をしていたこともあって、幼い頃から身近な抹茶。

当時の子供の舌には、抹茶の苦みが大人っぽく、背伸びをして飲んでいた事を思い出す。

私達日本人にとって、お茶は誰にでも馴染みがあり、身近なものだろう。

 

その抹茶が今、NYで注目されている。

スピルリナ、マキベリー、チアシードなど、最近では、グローサリーストアなどで手に入れる事が容易になり、オーガニック志向の間で、日常的に取り入れているスーパーフード。

日本でも、甘酒や豆などが健康食品として見直されているが、

抹茶がスーパーフードとして、ニューヨーカーの間で流行しているらしい。

97aeaf978459b74c0dfcfa3d67046820

Matcha Bar

2014年にブルックリンにオープン。日本人は誰もが飲んだことのある抹茶に注目し、

NYで抹茶専門店Matcha barを営んでいる、Graham FortgangとMax Fortgangの兄弟のオーナー。

元々彼らは、ヘビーなカフェインアディクトで、コーヒーなどに代わるものを探した結果、

カフェインの少ないMatchaに出会った。調べるにつれて、Matchaは健康に良い効能ばかりであった。

NYはクリエーターやモデルも多く、彼らもコーヒーやエナジードリンクから、胃が優しく、抗酸化作用のあるMatchaに移行しはじめているという。

また、アミノ酸などの栄養素が凝縮され、アンチエイジングやがん予防に効果のある物質が含まれている。

2e7ab3e38c05deac234b18c9d7247081

コンセプトは、”To uplift and motivate our community with the power of Matcha”

ギャラリーやクラブなどカルチャーの集まる場所であり、

大手出版社で夜遅くまで働くワーカーが多くいる、このWillamsburgに出店し、

現代の忙しいニューヨーカーに、抹茶のパワーを広めている。

 

b0f4359572f5cc049af97a6f8d386488

抹茶というと、京都宇治が有名だが、様々な抹茶を試飲し、

アメリカ人の口にあう、クリーミーなものを求め、愛知県西尾市の農家から仕入れている。

まさに逆輸入のMatchaは、Matcha Latteで頂くのがおすすめ。

ミルクは、牛乳、アーモンドミルク、ヘンプミルク、ソイミルクから選べる。

他の抹茶ドリンクを出すカフェでは、砂糖が入った甘い飲み物が多いが、

この店ではあえて砂糖を加えずにドリンクを作るこだわりも。

また、待つのが苦手なニューヨークの人達の為に、抹茶パウダーを手で点てず、

自作の機械を使って点て、素早くクリーミーにするようにしている。

MatchaBarさん(@matchabarnyc)が投稿した写真

 

今年5月には、東京でPOP UP STOREが期間限定でオープンするそうなので、

日本のスーパーフードMatchaを是非試してみてください。

http://matchabarnyc.com/shop