CULTURE / THANKSGIVING DAY

THANKSGIVING DAY

 

11月第4週目の木曜日をサンクスギビングデーといい、最もポピュラーなアメリカの祝日。

サービス業以外のビジネスマン、銀行、行政機関は休み、

多くの人は家族や友人と家で食事をして過ごしたり、旅行にいく人もいます。

 

その起源はピルグリムが、イギリスからの長い航海を乗り越え、プリマスに到着した1620年。

食べるものもない寒さ厳しい冬、先住民に大自然の暮らしのノウハウを教えられ、

収穫した作物などの豊作を神に感謝し、先住民を招待して一緒にお祝いをしたことからです。

日本では「感謝祭」として広く知られています。

img_0259

この日の朝は、ホワイトハウスで現職大統領が、

アメリカ全土の食卓に上る七面鳥に感謝をし、2羽の七面鳥に恩赦を与える恒例行事が行われます。

その七面鳥は、食される運命から逃れ、農場に送られのびのびと暮らすことが出来るそうです。

オバマ大統領が先程おこなった、その様子がSNSにUPされています。

サンクスギビングデーは、「Turkey Day」とも呼ばれ、七面鳥は欠かせないもの。

食卓には必ず並び、クランベリーソースなどを添えたターキーを家族や友人と一緒に食します。

慈善団体は、ホームレスなどの” less lucky “(あまり幸運でない)な人々に、ターキーを振る舞うそうです。

感謝祭の食事は、パンプキンパイ、マッシュポテト、ロブスターなどが一般的。

この日は御馳走。特別な日に「いただきます」とする際は、”Say grace”とあいさつし、日常と区別しています。

img_0257メインイベントは、Macy’sのサンクスギビングデーパレード。

1924年に始まったパレードは、今ではテレビで生中継されるほどで、300万人以上の人々で溢れています。

子供たちに人気のあるキティやセサミストリート、スヌーピーなどキャラクターの巨大バルーンと共に、約4キロのコースを練り歩きます。

このパレードはもちろん有名ですが、実はこの日の前夜、自然博物館の近くでは、

この巨大バルーンに空気が入れられる様子がご覧いただけます。

img_0248img_0249

親しい人々と過ごした翌日金曜日は、更なるメインイベント。

ニューヨークの人々が目の色を変えて戦闘モードとなる「ブラックフライデー」

赤字のお店も黒字になると言われて名が付いた1年で一番大きなセール!

夜中に大行列が出来るため、最近では、深夜0時から開店するところも多くなっています。

シャッターや、ドアが開けば、人々が一斉に駆け込み、お目当ての物へ一目散に走り出します。

買い物を終えた頃にはぐったりとした買い物客がたくさん。

ちなみに、翌月曜日には、ネットのセール「サイバーマンデー」も開催。

img_0262

ここからクリスマス・年越しといったホリデーシーズンがスタートします。

最近NYは初雪も見られ、街並みはイルミネーション一色に変化し、各家庭では飾り付けが施される本格的な冬の到来。

いつも忙しいニューヨーカー達も、年末に向けて、大切な人々とホッとできる時期がやってきました。

img_0255